成瀬昌由の自由人ブログ

カテゴリ: 練習

先月のことですが・・・。

続きを読む

この木なんの木?気になる木?今週は連日の悪天候のおかげで鼻のコンディションも安定してましたが、本日は久々に晴れたので、貴重な青空と日差しを浴びようと思い、ある程度の被害は覚悟で近くの公園にランニングに出ました。

しかし面白いことに、こういった運動中になると不思議とあまり花粉症の症状は出なくなる。


一応伊達英二ばりにマスクを装着してのランニングだが、呼吸が苦しくなってギリギリの状態まで我慢し、心拍計の数値が178を超えてそれでもまだまだ我慢×△鬚靴・・・の後にマスクを取ってみたけど、別になんともなくてちょっとした拍子抜けの体でした。

そんな花粉にびくびくするよりも、俺がよくランニングをする都立善福寺川緑地はもう春突入といった感じで、善福寺川の両岸に植えられている木々の花が芽吹いているのを眺めながらのランニング。

コースの途中には、ピンクの花をつけた梅なのか?桃なのか?分からないけど、そんな感じの花真っ盛りの所もあって、中々の眼福でした。

☆自由人☆

バツゲームかちょっと前の土曜のコトだけど、例のごとく水道橋のフィットネスショップ4階のファイティングアカデミーの練習に参加するために、杉並の自宅から水道橋の道場まで、何をトチ狂ったかチャリンコで行ったコトがあった。

その時は、自宅から青梅街道〜靖国通り〜外堀通りでほぼ真っ直ぐで、予想だと多分30分くらい。
ちょうど良いアップ代わりになるし、地球に優しいしナイスアイデアやんけ♪っと思い、防寒にウインドブレーカーを上下着込んで排気ガス対策にマスクも着用で手袋もはめて、練習道具をリュックに詰め込みいざ自宅を出発!

夜の青梅街道を新宿に向かって順調に走り出し、車道が空いている時は車道を飛ばし、でもヘタクソドライバーに跳ねられても嫌なので、その辺は危機回避で順次歩道も安全走行。

そんなこんなで中野坂上を通過して下り坂になり、そこから西新宿の高層ビルふもとまではしばらく上り坂。

・・・何を隠そう実はもうこの辺で、すでに俺の心はポッキリと折れかかっており、いつもは自宅から中野のゴールドジムまで10分ちょっとで着くので、その3倍ぐらいだろうと思っていたのに、思いのほか寒いのと不慣れな距離の移動と、伊達英治ばりに装着してしまったマスクが酸素摂取量を削減し、軽めのアップどころか、大都会でひとり高地自転車トレを行うコトになってしまいました。

新宿の大ガードをくぐった頃には、このまま歌舞伎町のサウナで汗を流して引き返そうか・・・。と真剣に考えてしまったが、イカンイカンと思い直して、週末でにぎわう若人たちをよけてそのまま市谷方面へ。

防衛省前を通過しながら、ここが三島由紀夫が割腹自殺をした市谷駐屯地か・・・などと思いながらもひたすらにペダルをこいで外堀通りを東へ。

そしてそしてやっとこさ水道橋のフィットネスショップ前に到着。
スタート時にストップウォッチでタイムを計っていたが、時間は41分もかかってしまっていた。

そんな感じで、既にクタクタになりながらもそこからビタビタのウエアを着替えてファイティングアカデミーでトレーニングを開始し、終了したのが23時。

練習終了が近くなると、既に帰りのコトが気になりだして若干憂鬱になりながらも、帰りは総武線で自転車を手荷物風に担いで改札通れないかな?と真剣に悩みつつ、行きと同様帰りも防寒着を着てマスクを着用し、重く感じるペダルを重い足取りでこいで、何とか日が変わる前には自宅に着かねば!と必死でチャリンコを走らせて無事自宅に到着。

帰りのタイムは52分。

帰ってからPCで大体の距離を検索してみると、片道約13キロちょっと。
体重を量ってみたら、晩飯を食う前でこの日だけで約4キロぐらい減ってたのには驚きました。

もう二度とチャリンコでの水道橋行きは、固く封印しようと心に決めました土曜の夜だった。

☆自由人☆

あっ!俺だけシャツ着てる・・・。本日は夕方に御茶ノ水へフィジカルトレーニングに行ったあと、三田3丁目へ用事で出かけ、最後に水道橋のフィットネスショップ4Fにあるファイティングアカデミーへ行って、立ち技クラスの練習に参加してきました。

この立ち技クラスは火・木・土の夕方から、シュートボクシング・初代カーディナル級王者の大村勝己講師のもと、学生や社会人・女性メンバーが会社や学校帰りに練習に来ていて、大変活気のある道場です。

自分も先月ぐらいから、時間のある時にたまに練習に参加させて貰っています。

この場所は、実は第一回『成瀬☆教室』を開催した格闘技スタジオで、その後も去年の『成瀬☆祭り』で使わせて頂きました。

そういえばあれ以来自分の教室も開いていなので、久しぶりに『成瀬☆教室』を開いて皆さんにお会いしたいなぁとも思ったりしました☆

☆自由人☆

本日は俺が約10年前から、選手としての身体のメンテナンスで大変お世話になってい施設「PNF研究所」の事をお知らせしたいと思います。

この「PNF研究所」は、今でも俺は週,妊肇譟璽縫鵐阿靴帽圓辰討い觧楡澆如△發箸發箸僚于颪い蓮¬10年前に腰を痛めた時に診察に行った、日大駿河台病院の整形外科部長の斎藤明義先生のご紹介。

斎藤先生は、前田さんの膝の手術をされた事でも有名で、俺も右膝&左肘、右肩&右肘と2回の外科手術をしてもらった、全幅の信頼をおいている大先生。

その先生に、プロスポーツ選手として、腰痛や関節を痛めたりした時のリハビリやケアで、より最短距離で競技に復帰するために有効な手段として、この『PNF』というものを教えてもらったのです。

この『PNF』とは本来、脳血管障害や脳性麻痺などによる神経障害、筋力低下などの改善または運動機能を向上させるために、熟練したセラピスト(理学療法士)の徒手によるマンツーマンのリハビリ手技で適切な刺激と操作を加え、目的とする生体反応を引き出す治療法の事をいいます。

そしてさらに『PNF』は全体の筋バランス、柔軟性、敏捷性、持久力、反応時間、運動能力の低下など運動機能の改善と向上に応用でき、また高度なスポーツ技術の獲得、向上のためのSkill(巧緻性)にも応用できることから、一般臨床だけでなく最近では、スポーツの分野でも様々な競技のトレーニングで幅広く用いられるようになってきています。

俺の場合、19歳でデビューしてから、先ほども書いた通り現在まで3回の全身麻酔による外科手術を受けており、この3回以外でも内視鏡の手術なども受けていて、選手としては身体にメスを入れたのは多い方だと思うんだけど、それでも迷いなく手術を受けて今だにこうして現役で身体が動かせるのは、手術直後のPNFによるリハビリ、退院後も定期的に続けている、PNFによるリハビリから発展したカタチのトレーニングを続けているからだと思っています。

現在でも週一で、腰のコンディショニングケアのために体幹のトレーニング、それとその時々で調子の悪い部位のケア&強化のため、千代田区神田駿河台にある『PNF研究所』に通っています。

まあいうなれば俺の場合、たくさん身体にメスを入れてるこのカラダの事を、一番良く理解してくれている理学療法士に、調子が悪くなった時のメンテナンスをしてもらう工場というか、競技をする上で困った時に、大変頼りになる拠り所のような信頼している施設でもあります。

このように俺の場合は腰痛再発予防、運動機能の向上のために通っていますが、それ以外でも『PNF研究所』では様々な運動障害に対する療法が出来、カラダに関するスペシャリストが多数そろっていますので、一般のちびっ子から大人・壮齢者や、競技スポーツ選手まで、興味のある方はまずこの『PNF研究所』のホームページをアクセスしてみて下さいませ☆☆☆
※ホームページには、PNFの詳しい事や実際のPNF施術映像も見る事が出来ます。

『PNF研究所』http://www.pnf-tc.jp/

☆自由人☆

12月も2日たったけど、今日は先月30日(木)の事。

この日は角田さんとの合同稽古三回目。
いつものようにウォーミングアップとして、寝た状態での足の動きの運動と、スタンドでの打ち込み。

その後はタイマーを使い寝技のスパー。
スタイルとしては、角田さんが下でディフェンス、俺が立った状態からのオフェンスで、3分×10Rとこの日は時間を決めてのじっくりスパーリング。

途中シャツを着替えたりうがいをしたりで、すこし長めにインターバルをとったものの、逆にインターバル無しで2Rぶっ通しでやったりしたので、10R目終わった時は、俺も久しぶりにバテバテとなった。

前にも書いたけど、角田さんはそのご自身の年齢を聞くと本当にビックリするほど動かれるし、本来空手家ながらもそのグランドでの動きはめちゃめちゃトルクフルで、そのチカラの強い角田さんを相手に10Rも動くと、俺としても凄く良い練習になる。

そして稽古後は、前回同様ジム近くのサウナで汗を流し水風呂にザッパ〜ンと入って、身体に溜まった乳酸を散らす。
その後は角田さんに晩御飯をご馳走になったのだが、この日はご家族の皆さんもご一緒で、角田さんの奥さんやお子さん達とは、13年前にRINGSの会場で挨拶した以来だったから、久しぶりにお会い出来て嬉しかった♪

お陰様で、凄く充実出来て楽しい一日となった。

俺は今年一年通して、練習以外でも色々と忙しく、前半中盤と高熱出したり細かい怪我などもあって、コンディション的にはあまり良くはなかったのだが、ここ最近は故障箇所もだいぶ気にならなくなり、状態としては徐々に良くなって来ていると思う。

しかも、状態が良くなっていくにしたがい、練習の強度も上がっていくので身体に溜まる疲れも強くなっていくのだが、最近角田さんの影響で、練習の前後に極力サウナに入ったり水風呂入ったりするようにしてからは、クタクタになって寝ても次の日は思いのほかスッキリと目覚める事が出来るので、余計に調子は良くなって来ている気がしてます。

仕事や練習に対する姿勢や、自分の身体に対するコンディショニングケアなど、その他にも角田さんからは色々と接する度に勉強になる事が多く、また選手としてとても刺激になる。

自分としても、せっかく角田さんと再会して稽古させてもらっているので、しっかりと色々学ばせてもらい、より成長して行きたいと思っています。

ちなみに、この日は夕食後皆さんと解散だったが、角田さんはフジテレビの「すぽると!」に生出演するため、22時頃にはお台場のスタジオに入るという事だった。

俺は寝る準備をしながらも、すぽると!の生放送を見て、番組のオープニングで「最近寝技の稽古を始めました!」と挨拶する角田さんを見て、本当にこの人はタフネスだな〜!とつくづく思いました。

☆自由人☆

14年ぶりの稽古
写真は先週15日(水)のモノ。
一緒に写ってらっしゃるのは、正道会館空手最高師範・K-1競技統括プロデューサーで、TV・CMなどでも大活躍されている角田 信朗さん

この写真の日、都内ゴールドジムにて角田さんと、実に14年ぶりに合同稽古をした日でした。
その14年前というのは、今を遡る事1992年。
当時俺は5月にプロデビューしたばかりのナイフの様な19歳、そして団体であるRINGSは、角田さんや佐竹雅昭さん達正道会館勢が参戦して来ており、互いにしのぎを削る様なガチガチのライバル関係の団体だったが、お互いの技術交流という事で、何度か前田道場へ角田さんが出稽古に来られている時代もありました。

その頃まだ俺は、デビューする前かした後ぐらい。
その後角田さんとはデビュー2年目の93年に二度ほど対戦をしている。(対戦結果については、角田さんのウェブサイトに載っていますので、良かったら確認して下さい☆)

その後RINGSと正道会館との業務提携も終了し、角田さんとはたまにどこかの会場でお会いして、挨拶をさせてもらう程度となっていました。

でもその後、角田さんとは通っているゴールドジムが一緒だったみたいで、ここ1年ぐらい前から顔を合わす事がよくあり、挨拶したり色々お話させてもらっている内に、今度また一緒に練習しましょう!という事になり、今回の合同稽古とあいなったのです。

角田さんと直接肌を合わせて動くのは、93年に闘った13年ぶり。

角田さんもご自身のウェブサイトで書いてある通り、前田道場で稽古をした14年ぶりの寝技の稽古だったらしいが、その後K-1のリングに主戦場を移された角田さんの絶え間ない稽古と、一度引退をされてから、また05年43歳という年齢でアンチエイジングをテーマに現役に復帰された肉体は、びっくりするぐらいパワフルで、逆に14年前よりも比べ物にならないぐらいの動きだと思った。

実はこの日、俺は角田さんの正確な年齢がイマイチ把握出来ていなく、何となく40〜41,2歳ぐらいかな〜と思っていたが、帰宅してウェブサイトで年齢を確認して、さらにビックらこいてしまってました。

実際お世辞でもなんでもなく、俺が知っている中で最強の45歳だと思うし、汗をかいたシャツを着替えるときに裸をみたけど、バリバリのアスリートの身体をしていて、アンチエイジングというワードを本当に体現されているんだなと思ったし、また普段の肉体のケアも相当しっかりとされているんだと思った。

今回また14年ぶりに稽古をし、二度ほどリング上で闘った二人が、13年ぶりにスパー形式だが身体を動かし、刺激を受け向上交流させてもらっているという、この“ご縁”というものに、不思議に感じを思いつつも、武道社会のもつ良い所の恩恵を受けているのではないかと思った。

そして今日も実は角田さんとの合同稽古2回目。
お互いのスケジュール上、特に角田さんは日記を読めば分かるが、かなりのハードスケジュールで全国飛びまわれてるため中々時間が合わせられないが、前回から9日ぶりの寝技の練習で、角田さんは2回目ながらも早くもまた前回よりも進化されており、本当にこの人45歳なんだろうか!?と思ってしまうほど、超人的なパワーと対応力を発揮されていました。

稽古後は、ジム近くのサウナに連れて行ってもらい、晩飯までご馳走になってしまった。

俺はここで、サウナ&晩飯も終わり「さーやれやれ、今日も合同稽古前にカーディオとウエイトトレーニングもしたし、いい練習出来てよかったな〜♪」とえびす顔になって帰るところだったが、角田さんはさすがにお忙しく、この後もテレビの対談番組の収録があるらしくて、途中合流されたマネジャーさんと共に忙しく現場へと向かって行かれました。

これでまた明日朝から走ったりするらしいので、33歳の俺もより頑張らなければならぬと思ったぞ!

☆自由人☆

スライムナイト風
俺はいつもジムでトレーニングをする前に、アップでカーディオマシーンで30〜40分ほど有酸素運動をやって身体を温めるんだが、最近気に入ってやってるのは、写真の様にバランスボールの上に乗っかって上半身のストレッチをし、そのままスクワットを100回ほどやる事。

不安定なバランスボールの上で、常に重心を崩さないように姿勢をキープしてのスクワットなので、普通に平地の上で行うよりもキツく、汗も一気に噴出すので、全身が温まってアップにはちょうど良かったりする。

これをやろうと思ったのは、何ヶ月か前にNHKのドキュメントで、脳梗塞からの復帰を目指す高山善廣選手の番組の中で、ジムで同じようにバランスボールの上に乗っかってスクワットをやっているのをたまたま観てから。

あんなにデッカイ身体でよくやるな〜と思い、次の日ジムに行ってみてマネしてみた所、スクワットどころか壁とかに掴まりながらでも立つ事が出来ず、軽く高山選手にはジェラシーを覚え、それでも何とか壁に掴まりながらのボール立ちは出来るように。

その後、とある所でたまたま高山選手に会ったので、「あれってスクワット何回ぐらいやってんですか?」と聞いてみた所、30回ぐらいは平気でやっちゃうとの事なので、またまたデッカイ身体でよくやるな〜と思いながらも、悔しいのでジムに行くと毎回チャレンジするようになり、大体1週間ちょっとぐらいで、何も掴まらずにその場でまずはボールに四つん這いで乗っかり、そこから立ち上がれる様になりました。

このバランスボールスクワットは、普通のスクワットよりも色んな細かい筋肉を使うので、いわゆる最近はやっているピラティス的な要素も加わるスクワットだと思われます。

もしチャレンジする方は、スコロコロコ〜ンと転がった時に怪我をしない様、マットの上などの柔らかい床の上で行って下さいませ。

ちなみに写真の場所は、中野にあるゴールドジムウエスト東京の格闘技スタジオにてです!

☆自由人☆

1c4eaf8f.JPG今日は赤坂にある“世界のTK”が主宰する道場『A-SQUARE』に練習に行ってきた。

実は昨日の夜、RINGS同期の山本宜久からめずらしく連絡があり、「明日ヒマだったら午後からTKのジム行くけど来るか?気分転換にスパーでもやったらエエやん」との事。

午後から用事が一件入っていたのだが、アイツからこういった気遣いは非常にめずらしいので、予定を変更して喜んで『A-SQUARE』に向かうことに。

今日はプロ選手の合同練習は行なわれない曜日で、行った時間は会員さんのクラスが始まる前の「自由練習」の時間で、この前の1・26パンクラスで試合をした『A-SQUARE』の渡辺悠太選手と俺と山本の三人で入れ替わりに色んなパターンのスパーをやった。

山本と練習するのは、03年大晦日のノルキア戦前に、対ノルキアの極秘トレーニングをした以来じゃないかと思う。
俺は最近なんんじゃかんじゃと忙しくて、トレーニングはもっぱらランニングやバーベルトレーニングばっかりだったので、久々のスパーにスタミナは早くもボノボノ状態。

それでもやはりスパーリングは苦しいけど楽しいと思えるので、思うようにカラダが動かないながらも、自分の原点を顧みる事が出来たスパーだった。
古い言葉で“同期の桜”という文句があるが、ケガでしばらく試合をしていない山本の調子もかなり上がってきてるみたいなんで、今年の桜が咲く頃には、アイツのサクラも満開になる事を願う。
スパーの相手をしてくれた山本と渡辺君に感謝。またお邪魔して、今度は今日よりももっと反応よく動きたいと思った。

『A-SQUARE』での練習後は、すぐさま御茶ノ水の『PNF研究所』へ行って今度はフィジカル強化のトレーニング。そしてその後は地元阿佐ヶ谷に移動して、24時過ぎまで秘密のMT。
濃厚過ぎる一日を過ごしたので、さすがに明日は少し様子をみて、トレーニングは軽めにしておきたいと思う。

☆自由人☆

94c1dc88.JPG昨日の今日というコトで、スポーツ新聞等を見た人も多かったのだろう、やはり今日一日携帯には多方面から沢山の着信があった。そしてPCにもファンの方達から本当に沢山のメールを頂いた。

今回の退団については、ほとんどみんなが俺の“夢”の実現にむけて肯定的に受け取ってくれて、期待・応援をしてくれるので、俺としては本当にマジでマジで嬉しい限りです♪

というコトで、今の俺にしてみれば、たかだか一所属選手からフリーになったという事で、感慨にふけっているつもりもサラサラなく、ましてや新日本に未練などこれっぽっちもありゃーしないので、今日も今日とてその“夢”の実現のためにと昼間は色々と活発に活動☆そして夜はスケジュールの都合で豊島区北大塚にあるGOLD’S GYMノース東京へ行ってトレーニング♪

野毛の道場には行かなくなるが、自宅からは大井町にあるGOLD’S GYMサウス東京や、大森にあるGOLD’S GYMサウス東京アネックスも近いので、はっきり言って練習場所には困る事はない。

とにもかくにも、俺はまあこんな感じでガッツリ自分のペースを崩さず、“夢”の実現のために日日邁進しておりますので、「これからも変わらず応援しますっ!」と言って下さったファンの方々には、絶対にがっかりさせないようにします。期待してて下さい!

一言でいえば「ついてこ〜い」(佐久間一行)といった感じだ。


退団記念の宴。最後に、昨日は新日本を退団したその足で、live doorのKさんはと水道橋にあるフィットネスショップに寄ってショッピングをした後に、フィットネスショップの宇井店長も合流してファイティングカフェコロッセオにて、急遽『成瀬昌由☆退団記念プチ宴』を開催してもらいました。
途中矢野に電話した所、自宅から近いという事で、単車を飛ばして駆けつけて来てくれました。

俺の退団は一応昨日決定という事だったので、矢野と新日同士で飲むのはこの日が最後という事になった・・・。

ってゆーか、あいつが遠征から帰ってきたら、どうせまた飲むことにはなると思うけどな・・・。

ちなみに、live doorのKさんは、「All About」でプロレスのコラムも執筆されています。こちらもどうぞ要チェケラッチョ☆です♪

☆自由人☆

このページのトップヘ