去年に引き続き、この3/11に東北に脚を運びました。
子どもNGO『懐』の震災支援活動に、毎回多大なるお力添えをして頂いている、螢侫.潺螢⇒有螢オホリ様が新たに建設している東北復興支援施設
ロクファーム「アタラタ」

『ロクファームATALATA(アタラタ)』
建設工事は順調!

にて行われた東北復興セレモニーに、『懐』を代表して参列してまいりました。
今夏会所予定です!

この施設は、食を通じ民間のチカラで東北の復興をサポートする施設で、当初の予定では昨年内の完成でしたが、東北の被災地を取り巻く建築環境の影響でなかなか工事を進めるコトが出来ず、大分遅れてしまいましたが今年の8月中頃をめどに完全オープンの予定となりました。
14:46黙とう

セレモニーには、このプロジェクトに関わるモノマネタレントのコロッケさんや、俳優の伊勢谷友介さんが代表を務めるリバースプロジェクトの方々も参加し、大地震のあった14:46には参列した全員で今回の震災で犠牲になった御霊に1分間の黙とうを捧げました。

自分も去年と同じく遠くから聞こえる追悼のサイレンを耳にしながら、この震災のあった東北でこの時間に目を閉じ、自分がこれまで目の当りにし関わってきた被災地の状況を一つ一つ思い出していました。
コロッケさんご挨拶

このセレモニーに参加したコロッケさんも、震災直後からモノマネのお仲間たちと支援物資を運んだり慰問に訪れたりして、そこで実際にあった様々な出来事を面白可笑しくお話され、このセレモニーを未来に進める華やかな雰囲気に変えてくれていました☆
「山形芋煮」頂きました(^^)

セレモニー後は、ロクファームのスタッフが作ってくれた「山形芋煮」を参列された皆さんに御出しし、最後には「餅まき」のイベントも行われ、広くお招きした地元名取市杜せきのしたの方々も大喜びで盛り上がったと思います♪
大盛況の「モチまき♪」

この東北復興施設ロクファーム『ATARATA(アタラタ)』は、被災地の未来に向けて”職”も創出していくと言います。

今後どのようなコトが被災地・被災者にとって求められているのか。

これまで微力ながら被災地に関わってきた自分としては、この施設『ATARATA(アタラタ)』の今後も大いに期待をしたいし、関わっていきたいと思っております。

ロクファーム『ATARATA(アタラタ)』
※『アタラタ』とは、イタリア語で「絆を繋ぐ」という意味だそうです。


2013 3・11 成瀬昌由