ミーティングの後は30分だけ夕食の時間をとり、その後は各班に分かれて明日からの炊き出しの仕込みに入ります。
我々は2日で4ケ所の仮設住宅を回るので、出来るだけ時間を短縮して「カニ汁」を作らないといけないため、炊き出し前日に出来るコトは、それぞれの部屋でエプロン・ナイロン手袋・頭巾(バンダナ等)・マスクを装着し、持参したキャンプ用のテーブルをセットしてカニ汁用の大根をカットしていきます。

この翌日の12/30(日)は、亘理町と若林区の2か所で合計約560人分の炊き出しを行います。

去年の際、大根のカタチと厚さを決めていなかったため、大根に中々火が通らず、強い寒風の影響もあり、出来上がりに大変時間が掛ってしまった反省もあったので、今回は”イチョウ切り・厚さは5ミリ以下”と指定をさせて貰いました。

時間はもう21時を回っています。

「トントントントン」
厚さは5ミリ以内!

TVをつければ、年末の特番がてんこ盛りでワイルドでぱみゅぱみゅで48な人たちが目白押しですが、

「トントントントン」
無言でトントントントン

全員ここに何をしに来ているのか当然の如く自覚しているので、

「トントントントン」
手だれの包丁使い

一心不乱に包丁をまな板に下ろします。

「トントントントン」

自分は全体を統括する立場だったので、あれこれそれこれと指示を出しながらも、内心「フロントから苦情が来たらどーしよー!?」と思いつつ、全部の部屋を見て回り、全ての大根が切り終わった所で回収し、車へと積み込んだ所で、やっと長かったこの12月29日を終えるコトが出来たのでした。

気が付くと時計はてっぺんを回って30日となっていました。

※この日の総移動距離(約546km)とルートはコチラ
成瀬昌由