カレンダーを見ると今年は2013。

あの震災を語るとき、「去年の・・・」ではなく、今年からは「一昨年の・・・」と言わないといけないと思うと、狂いなく流れる時間の速さに、一切あらがえない人の無力さを感じます。
そんなこの世の無常を感じつつ、時は少しだけさかのぼって2012/12/29

前日に「懐」兵庫チームと杉並チームが無事合流し、宇都宮のホテルでまずは一泊。

明けて29日は東北道を北上し、一ノ関ICを経由して陸前高田を目指し、その後震災の深刻な津波被害を受けた沿岸部「気仙沼」「南三陸町」と南下し、最終目的地は石巻市の大川小学校と決めていました。

今回兵庫県新温泉町浜坂の「懐」本隊チームは、これまでの活動で初となる町役場の協力を得て、観光課の30人乗りのバスをお借りし、それに乗用車1台をプラスして、計2台で東北へと移動。
通称「カニバス」

杉並チームは自分が担当した輸送車ハイエースとステーションワゴンの計2台。

今回は合計4台の車列での行動となりました。

『兵庫県新温泉町』

☆成瀬昌由☆