歯を大切に皆さんお久しぶりです。

またしばらくBlog書かなくてスミマセンでした。

本日ではなく、先日の5月1日ですが我が人生のパートナーである…。
クロ助♂が満9歳となりました☆

自分がここまで動物と一緒にがっちり過ごすのは初めての事。

これまででは昔実家で飼っていた犬のジョニー♂は12〜13歳まで生きてくれたのだが、最後の2〜3年は自分が前田道場入門のため実家を出ていたので看取ってやれなかったのを今でも残念に思っています。

その後前田道場では俺が毎年のように道場前の鶴見川の土手で猫を拾ってきてしまい、銀治・エテ吉・エテ(全員♂)という3匹の猫を飼っていたが、自由に外に出歩けるようにしていた為に、3匹とも2〜3歳で病気で亡くなってしました。

この時も非常に悲しく、鶴見川の土手で一人号泣したのを覚えています。
(この時の経験が元で、以後クロ助は一歩も外に出さない外未体験猫となりました)

そしてクロ助。

クロ助の生い立ちに関しては、昔からこのBlogを読んでくれている人たちはご存知だと思いますが、そうでない方はBlogのカテゴリで「クロ助」を選んで見て下さいませ。大体の事は分かる様になっております。

で、クロ助ももう9歳。

人間でいえば65歳ぐらいらしい。

猫の寿命を調べると、以前は12歳ぐらいまでしか生きられなかったが、餌が良くなった影響とかで最近では18から20歳を越えるご長寿猫も珍しくなくなったらしい。

それでもクロ助の寿命はあと10年ぐらいだと思うと、心の底から悲しいし本当にしばらくは誰とも会えなくなる程にダメになってしまうのが今から分かっているので、考えてしまうと非常に嫌な事であります。

しかし生き物を飼い、共に暮すというのはそういうコト。

でもまあそんな俺の思いはつゆ知らず、クロ助は未だに風邪一つひいたことのない超健康優良ネコで、快食快便快眠の毎日を過ごし、父親の俺としては今のところ安心はしています。

そんなクロ助には俺が考えた健康法を毎日実践してもらっているのだが、その辺の詳しい話はまた後日としたいと思います。

ちなみにクロ助の誕生プレゼントは、幼児用アンパンマン歯ブラシ(柔らか)に。

抱っこが嫌いなので普段はなかなか歯を磨かせてくれませんが、俺が朝から出っ放しで遅くに帰るといつもより何倍もゴロゴロといいながら擦り寄ってくるので、そこをふんづかまえて歯茎を傷付けないようやさしく磨いてやります。

とにかくクロ助さん、9歳のお誕生日おめでとうございました☆

☆自由人☆