ドッグカフェ・アリナ今日は久しぶりに太陽が拝めて気持ちのいい一日。

しかし気候はもうすっかり寒く、ここの所クロ助は毎日俺の布団の中に潜り込んでは、気持ちよさそうに寝息を立てながら丸くなってます。

しかも最近は夜中になると、どんな夢を見ているのか知る由もないが、たまに「ウニャニャニャニャォゥ!」と寝言?を唸って俺を笑わせます。

そんなクロ助も来年5月で満6歳。
人間で言えばだいぶ大人の曲がり角な年齢で、近頃は食べるものにも結構気をつけてやったりしてます。

しかし、自分の食事に関しては長いプロ生活で、プロテインやらサプリメントやらと何だかんだと良く分かっているつもりなんだが、いざペットの食事となると、以外と市販のペットフードを与えているだけで、あとはどんなケアを普段心がけていれば良いかも知らないし、クロ助の健康を考えると、トップブリーダーが推奨する国産のペットフードが良いのか?それともやはり米国獣医師が認めた外国製の方が信用できるのか?と、色々と悩んでしまったりもするのが事実。

そんな中、最近俺の友人でラブラドールを飼ってて、ペットの「食」に徹底的にこだわり、人間用品質の素材のみを使って「手作りおやつ」の製造販売を手がけ、今年から念願だったドッグカフェを新潟の亀田にOPENしたペット食専門のプロがいるので、その人にクロ助の食事の相談(※猫は専門外ながら)なんかをしてもらったりしいます。(※文頭の写真がその友人とワンコ☆)

という事で、前置きが長くなったけど、本日は普段クロ助の栄養管理でお世話になっているその友人が新潟にOPENした「ドックカフェ アリナ」と、愛犬食品工房の「華屋」について、ご紹介したいと思います。

「ドッグカフェ アリナ」の内容としては、県内初!全国的にも珍しい「ドッグラン」(屋外&室内)を完備した施設でありながら、カフェとして肝心かなめの料理にも一切の妥協をせず、肉を挽く段階から手作りの「ソーセージ」&「ハンバーグ」、また「手作りベーコン」等を使った飼い主にも嬉しい超絶美味の食事も提供してるとのこと。

その他併設のフォトスタジオでは各種記念撮影の他、勿論愛犬との2SHOTも承っております。(俺としては、中々機会はないと思うが、またいつかクロ助との2ショットを、スタジオ撮影してもらいたい!)
また希望者には「華屋」による「愛犬の食事」に関するカウンセリングも受けられる他、「華屋」の商品の注文も受け付けているそうです。

詳しくは下記のHPをご覧頂きたいと思います。

新潟のお住まいの愛犬家の方々、また新潟方面へ愛犬と旅行に行かれる方々、是非一度「ドッグカフェ アリナ」へ遊びに行って楽しい時間を過ごして頂ければと思います。

ドッグカフェ アリナ
http://www.harina.jp/

(PCのみ)
〒950-0156 新潟市早苗2-2-35
TEL&FAX025-210-4585

「華屋」
http://www.hanaya-bow.com/

(PCのみ)



☆自由人☆