成瀬昌由の自由人ブログ

※ここのトコロサーバーの移転等で調子が悪く、せっかくカメラが復活しましたが、画像がアップできない状態になっております。
復活したら、出来なかった画像もアップする予定ですのでヨロシク!

それから、近々ホームページ&日記がdramaticに変わる予定です。
「まさよし日記」ユーザーには、今までより、より良く見ることが出来るようになるので、楽しみにしていてください。
何気に俺本人もかなり楽しみにしております。

以上!

----------------------------------------
SPIRIT R NARUSE MASAYUKI FIGHT OR DIE!
http://www.m-naru.com/
----------------------------------------

『K−1ROMANEX』もやっと終了し、今日からウランバートルで酒(馬乳酒)びたりの日々だ〜!と思っていたら、気が付けば今日からスーパージュニアのシリーズにいつの間にか合流してしまっていました。

↑などとはちょっこすも思っていない今日この頃の成瀬☆まさよしです。

続きを読む

チームウルフ。ヒザに返り血







さいたまスーパーアリーナ、新日本プロレス軍控え室にて。
ウルフの両ヒザににじむのは、ハワード選手の脳天にヒザを叩き込んだ時の返り血です。
大陸系モンゴル人のナチュラルな恐ろしさが、この両ヒザにこびりついた血でうかがえます。



続きを読む

↑今日のお写真は、無し。←というか、当分なしです。
というのも、実は先日の後楽園の控え室で、どうやら俺はデジカメを紛失してしまったのです。一応ホールには紛失届けは出していますが、もし心当たりある人は新日本の事務所までご一報下さい。このままだと、このクソ忙しいのに今度の土曜日までにデジカメ買わないといけなくなりました。


続きを読む

今日も今日とて、自由人、モンゴル人(ある意味大陸系自由人)、
チュッパチャップス系酒男の三人は、暑い中トレーニングに励んだ一日でした。

続きを読む

矢野 通とチュッパチャップス今日のお写真。
4月6日以降、今日まで顔を合わせなかった日は2〜3日ぐらいだろうと思う我らが鬼寮長の矢野P。
そんな鬼の口にも“チュッパチャップス”という事で、先日渋谷でしこたま飲んでいた矢野Pは、ふと気が付くといつの間にか渋谷のドンキホーテに立ち寄っていたらしく、そしてまたその次にふと気が付くと合宿所の自分のベッドの上に寝転がっていたらしく、足元にはドンキの黄色いビニール袋に入った“業務用チュッパチャップス”が転がっていたらしい。
どんなに酔っ払っていても、大好きな“チュッパチャプス”をちまちま一個ずつ買うのではなく、どーんとカタマリで買うあたりが、いかにも矢野Pらしくて豪快だと思いました。
しかし、どっちみちドンキで“チュッパチャプス”をまとめ買いするレスラーは、豪快というよりも、ちょっとおもろいかもしれない。

続きを読む

世間はゴールデンウイーク最終日、新日本プロレスの選手たちも大半がOFFという事だが、俺とウルフ・矢野Pの三人は、本日も特に変わることなくトレーニングの一日だった。

続きを読む

世間はゴールデンウイークという事ですが、みなさんお元気でしょうか?

俺はというと、ここのところ毎朝クロ助に「ハラへったニャォ!」と頼んでもいないのに起こされており、多少寝不足気味ながらも、練習するのに寝坊しなくて毎日助かっております。

続きを読む

ハッピーバースデイクロ助♪ 早いもので今日から5月。
世間ではGWという事で、いつも道場へ向かう道路が微妙に空いていたり、多摩川の河川敷では天気も良いこともあってか、いつも以上にウジャウジャと若人達のバーベキューやら家族連れやらが遊んでいたりとで、平和な日々が続いているが、そんな世間ののどかな風景とは一切関係なく、俺はいつものようにトレーニングに励んでおります。

続きを読む

日中暖かい日が続き、明け方&夜と寒くて寒暖の差がある毎日が続いていますが、皆さんお元気でしょうか?

田吾作S’続きを読む

↑今日のお写真。
日大レスリング部での練習後、お世話になっている富山英明監督と一緒に記念撮影をさせて頂きました。俺を抜かして、ウルフと矢野Pの二人には、新日本の“質実剛健部隊”となってほしいと思います。
新日の未来を担う者たち(※自由人除く)と富山監督続きを読む

この前のホール大会の時にもらったパンフレットを見てみて初めて気が付いたが、金曜の試合がどうやら今シリーズの開幕戦だったらしい。
俺はてっきり単発の後楽園ホールの興行だとすっかり勘違いしていました。続きを読む

昨日の後楽園大会終了後、ホームページで告知していたとおりファンクラブ会員限定の“プチ撮影会”を行いました。

続きを読む

このページのトップヘ